腰痛
腰痛
なせ 根本改善

こんなお悩みありませんか?

☑腰の痛みが慢性化している

 

☑同じ姿勢で腰に負担がかかる

 

☑足に痺れがある

 

☑朝起きると腰の痛みがある

 

☑年に1回はぎっくり腰になる

 

☑整形外科に通院しても改善しない

 

 

 

お任せください

他で良くならない理由

当院のホームページを見ているあなたは、整形外科や、整骨院に通院の経験があると思います。

 

マッサージや電気療法など行い、はコルセットや湿布、薬の服用などの経験があると思います。

 

軽度の腰痛でしたら、上記の治療で症状が緩和してく事もありますが、慢性化した腰痛はなかなか改善しません。

 

患部以外で腰痛が起こる原因と突き止め改善のポイントを的確に把握することが、早期改善につながります。

 

 

 

痛みは取れるのか?

 

私はこの痛みをなんとかしてあげたいと思いました。腰の痛みの原因やメカニズムについて、毎夜研究しました。読んだ本26冊。検索してみたサイト32件。セミナーにも参加しました。自分なりにノウハウにまとめ、痛みのある方に来院してもらいテスト施術させてもらいました。そして、腰の痛みに特化した処置法を開発したのです。

 

施術した人数は40名以上、回数にして106回以上になります。この数が多いか少ないかどうかわかりません。しかし、改善傾向がみえてきたので発表することにしました。

腰痛の原因

腰が痛いですか?

 

耐えられない痛みが

 

気にならない状態に 

 

最近「腰痛い」という人が増えているように思います。その理由は、姿勢が悪い、スマホを使う、体の使いからが悪い・・・など、いろいろあるのですが、ネットで「腰が痛い」で検索すると、かなりの方が同じ悩みを持っていることがわかります。

 

なぜ、これほど腰の痛みに悩む人が増えているのか。その最大の理由は手の痛みは簡単に取れないから。信じがたいことに、医者が病名や原因が特定できないケースも相次いでいるといいます。

 

ある経営者の話を聞いてください。(61才、建設業)

「ヨガをやっていて突然腰が痛くなった。筋トレもしていた。パソコンも常時使っていて、スマホも1日6時間ほど使っていた。痛みに耐えられず腰の専門病院に行った。レントゲンやCTを撮っても病名がわからない。

『サプリ飲んでみますか?』『コルセットつけてください。』『注射打ちますね。』どこに言っても同じことを言われ改善方法がない。ある日、腰の病気を特定するという広告を見て、わらをもつかむ気持ちで行った。

 

レントゲンとCTを診て『ああ、ヘルニアですね』と言われた。痛いんです。なんとかなりませんかと聞くと『注射か手術しかないです。手術しますか?』・・・嫌ですと断った。」

腰の痛みをそのままにしておくと他の部位が痛みだす

 

前記の建設会社の方は、ぎっくり腰と診断され医者に行きダメ、スポーツトレーナーに診てもらい少し改善、しかし、じわじわ痛くなりそのままにしていたら、腰が痛くなりほぼ動かなくなってしまった。服を着ることもできない。そんな状態で私のところに来てくれました。

2回施術しました。まだ腰は若干違和感があるが痛みが、気にならなくなったとのこと。私はホッとしました。

あなたが腰の痛みで苦しんでいるなら、今すぐ私の施術を受けてください。

当院の改善法

鍼灸

 

腰の痛みに特化した施術を『腰の痛み改善法』と言います。この施術を受けた、多くの方から感謝の声が寄せられています。

 

はっきり言っておきますが、腰の痛みは完全に取ることはできません。なぜなら毎日使うところだからです。うまく付き合って行くしかないのですが、痛みを忘れるまでには緩和させることは目指せます。

 

改善の手順

なにも隠すことがないので、実際どのように施術をするのか説明します。近所の整体など治療院にこの手順を見せ施術してもらってもかまいません。手の痛みで苦しむ人が一人でも減ることを願っています。

 

施術のステップは以下になります。

 

1. 現状を確認する

手の痛みが出ている原因を解明します。原因は主に3つあります。

 

①神経、筋肉、腱の問題


②骨、関節の問題


③その他の問題

 

この原因を腰の動き、左右の差、直接さわって判断します。腰は人それぞれに特徴があり、左右差、骨盤との関係、皮膚の触感など腰だけでたくさんの情報が分かります。

 

2. ゆがみを整える

 

腰は日常的によく使うものです。気づかないで酷使していたり間違った使い方をしていたりして、動きや感覚センサーにゆがみが出ている部分を整えます。このゆがみを整えるだけで6〜8割の痛みが取れることもあります。

 

3. 関節の動きをよくする

 

腰は、腰椎だけで5個、関連する首、胸17個の骨が集まっています。その骨と骨の間にある関節は動きをよくして、その周りにある筋肉や筋膜の癒着を取り除きます。関節の動きを良くすると、中には変形して曲がった関節が改善することもあります。

 

4. 芯のコリを取る

 

皮膚の下にある浅い部分の筋肉から骨に近い深い部分の筋肉のコリを取ります。深い部分のコリを取ることで、しびれや感覚麻痺した神経の働きを良くします。

 

 

5. セルフケアを伝える

 

効率的に効果を出すためのセルフケアを実践してもらいます。日常での手の使い方や注意事項を確認します。悪い癖を知ってもらうことで新たな痛みを未然に防ぎます。

腰痛の種類

筋筋膜性腰痛腰痛

 

腰痛のある人の7~8割は筋・筋膜性腰痛になります。


筋・筋膜性腰痛鍼灸治療の適応症の中でも最も効果のある疾患の一つです。

過度の運動や長時間同じ姿勢を続けていると、筋肉の疲労や緊張が生じ、筋肉の中を走行している血管が圧迫され血液循環の滞りが起きます。血液循環の滞りが生じますと、筋肉に老廃物などの痛みの素となる物質がたまり痛みが現れます。このような状態で筋肉が運動を行えば、筋繊維はすぐに傷つき痛みが起こります。そのため痛みが慢性的になり、筋肉の緊張がさらに強くなり、より大きなトリガーポイントが出来るというような悪循環となります。

 

 

当院の治療法

筋・筋膜性腰痛の原因になっている筋肉に手技療法、鍼を使って直接刺激をします。鍼で患部を刺激することで、大きな筋の緊張が改善(筋肉が緩む)を得ることが出来、また血液循環が改善し発痛物質が流れていきます。

 

腸腰筋、腰方形筋、大殿筋などにアプローチしていきます。

845882

腰部椎間関節性腰痛

 

主に加齢による腰椎周辺の軟部組織(筋肉、靭帯、軟骨)の変性変化になります。

椎間関節は背骨にかかる圧力に関節が負けないよう、関節の周りを関節という袋で包み、さらに靭帯という強靭なバンドのようなもので補強されています。

 

①急性椎間関節性腰痛(ギックリ腰)

上記のように、もともと体重の30%の圧力がかかる関節なのですが、腰を強くひねったり、重いものを勢いよく持ち上げようとすると、急激に関節にかかる圧力が増し、関節包、靭帯が引き延ばされて捻挫を起こし、炎症が起きて激しい痛みを起こします。

 

②慢性椎間関節性腰痛

上記のように、体重の30%の圧力がかかる関節なのですが、体重の70%の圧力を吸収するとされている椎間板という軟骨は、年齢とともに水分含有率が減り、形が徐々に変形していきます。椎間板の変形が進むと本来椎間関節にかかる圧力は30%でしたが、その比率が増え、関節にかかる負担が増し、軟骨が擦れ合って痛みを起こします。

 

当院の治療法

患者様の腰を触診していくと、椎間関節部に椎間関節性腰痛特有の塊を触ることができます。患者様はその部分を押されると、「そこが痛みの元だ!」と感じるところです。

実はこの椎間関節部を的確に触診し捉えることはとても高度な技術を要します。私は今まで経験で椎間関節性腰痛の患者様を診てきました、痛みの原因となっている椎間関節部を的確にとらえることができます。

長年治療をしていると、ぎっくり腰の依頼が多く、椎間関節性腰痛鍼灸治療は私の最も得意な疾患でもあります。

具体的な治療法として痛みの原因となっている椎間関節部にピンポイントで鍼でアプローチしていきます。患部を治療することにより、椎間関節の消炎、鎮痛、血行改善により早期の症状緩和へとつながります。椎間関節の痛みをかばうために腰の筋肉、殿部の筋肉も筋緊張を起こしている事もあり、それらの筋の緊張緩和に治療をおこなう事もあります。

腰痛

仙腸関節捻挫(ぎっくり腰)

 

仙腸関節とは、骨盤を形成する骨のうち、仙骨と腸骨との接合する部分の関節です。基本的にはこの関節は、靭帯という強靭なゴムバンドで固定されていて、あまり動きのない関節です。

 

妊娠や出産時において中腰姿勢で腰を捻ったり、中腰姿勢で急に動いたりすると、関節が可動域以上にズレてしまい、ズレた状態のまま固まってしまい痛みを発します。この状態が仙腸関節の捻挫です。

 

当院の治療法

仙腸関節捻挫の治療は仙骨と腸骨の隙間にアプローチして関節包や靭帯を緩め、炎症をおさめていきます。そして仙腸関節のズレを補正しすてば痛みは消失ていきます

ぎっくり腰

腰椎分離症(腰椎分離すべり症)

20歳以下の成長期の若者、特に10~14歳の子どもに多く見られる疾患です。

激しい運動などで腰椎に負荷がかかると、椎間関節にヒビが入ったり、骨折して前後に離れてしまうことがあります。この状態を腰椎分離症といいます。(一種の疲労骨折)
スポーツをする青少年に多いのは、骨や筋肉がまだ成長過程でしっかり出来上がっておらず、運動のしすぎによる負荷で疲労骨折をしやすいためです。また、分離したことで椎骨が前の方にズレてしまうことがあり、この状態を腰椎分離すべり症といいます。

腰椎分離症の状態を放置しておくと、10~20%の割合で分離すべり症に進んでしまうといわれます。骨折が椎弓の片側だけならあまり問題はありませんが、両側に起こるとすべりやすくなります。

 

椎間関節が疲労骨折すると椎骨同士を連結する力が弱まり、腰の骨が不安定になります。その結果、椎間板や筋肉、靭帯などの周囲の組織や神経に負担や刺激がかかって腰に痛みが生じます。腰椎分離すべり症でズレた椎骨が、坐骨神経につながる神経根を圧迫すると、お尻や足の外側にそってしびれや痛みが生じることもあります(坐骨神経痛)。


※坐骨神経痛が見られる場合は、腰椎分離症・すべり症が原因で「腰椎椎間板ヘルニア」や「腰部脊柱管狭窄症」を併発している可能性もあります

 

当院の治療法

 

腰椎分離症、すべり症は前かがみや背中を後ろに反らすと違和感があり、レントゲンの結果、すべり症、分離症と診断され、コルセットや腰ベルトを装着して来院されるのです。


そして、患者様にはある共通点があり、体が硬い、筋肉が硬いということです。実はすべり症、分離症の痛みは、硬直した筋肉が痛みを発生させているのです。この硬直した筋肉を柔らかくすることで、当面の痛みや違和感を改善します。滑りだした腰椎や脊椎を、柔軟な筋肉が吸収してしまい、痛みや違和感が発生しないのです。

当院では腰椎分離症の方は、分離している椎体周囲の筋肉を柔軟にする鍼などの施術を実施します。

25048839_s

腰痛治療のお客様の声

他院で取れない痛みが改善されました。

他の治療院でギックリ腰を治療してもらいましたが改善されす来院しました。

先生はしっかりお話し聞き、検査を丁寧にしてくれました。自分では違うだろうと思う部分に原因があり、その部分を治療していただくと痛みが軽減。1回で完治しませんが日常生活を送るには十分すぎるほど改善して一安心。完治するまで治療を継続しました。

  • ジムでトレーニングすることが多く腰痛になる頻度が多かったです。先生に定期的にメンテナンスしてもらっているのいで身体の使い方、バランスが整い腰痛改善しました。

    最近はメンテナンスで通院してます。

    (53歳 男性)

  • 介護のしごとで腰痛と膝痛が定期的に襲ってきます。

    その都度、先生に治療してもらうので安心して仕事に取り組めます。

     

    (45歳 女性)

  • 生理などホルモンのバランスが崩れると腰痛になります。

    薬を飲みたくないので鍼灸、お灸で身体を整えてもらってます。

     

    不思議と生理痛、便秘をよくなりました。鍼灸は効果あるんですね。

     

     

    (48歳 女性)

Check!
松戸の他の院とはここが違う
まほろば接骨院・鍼灸院が選ばれる理由
Point1

徹底したカウンセリング、検査

根本改善するには患者様のお身体の状態を把握する必要があります。身体の歪みなど検査します。

 

また治療計画を作成するうえで患者さんと施術者が同じ目標を持ちお身体の改善に努めていきます。

 

 

Point2

痛みのないソフトな施術。バキバキしません!!

お子様でも妊婦さんでの安心して施術を受けていただけます。

 

 

Point3

担当が変わる事がないオーダーメイド施術

 

他院では毎回担当者が変わりますが当院では院長が責任を持って施術いたします。

 

Point4

病院との連携

 

交通事故や外傷は整形外科と連携しておりフォロー体制を整えております。また他の院で改善されなかった症状にも対応しております。

 

 

 

Point5

衛生管理の徹底!清潔な院内です

 

当然のことながらベットはアルコール消毒、トイレ清掃など衛生管理に力を入れております。

 

 

Point6

平日20時まで、土曜・祝日も診療

月曜日から金曜日は20時最終受付。

土曜日、祝日の17時まで診療しております。

 

万が一間に合わない場合でも、お電話いただければ

対応いたします。

 

交通事故患者さんは平日21時まで受付してます。

 

Point7

予約優先でのご案内

当院では予約優先でご案内しております。

 

また予約アプリもございますので、24時間ご予約対応しております。

 

Point8

北松戸駅徒歩2分好立地

北松戸駅から徒歩2分でご来院できます。

地元以外の方でも電車やバスをご利用して来院される患者さんが多くいます。

 

鍼灸
鍼灸
鍼灸

※初診 土・祝 +550円  

※1日 2名限定

2回目以降の施術料金

30分 3,850円
60分 7,700円

カウンセリングや患者様のご希望に合わせて施術プランを作成いたします。

 

 

お気軽にお電話でご連絡ください

047-710-6845

047-710-6845

月~金   9:00~20:00
土曜・祝日 9:00 ~ 17:00
日曜 休診

 

千葉県松戸市上本郷2228高木ビル103

自己紹介

まほろば接骨院・鍼灸

当院のホームページを見て頂きありがとうございます。

 

まほろば接骨鍼灸院の近藤です。

 

平成28年に開業しました。

 

都内の接骨院グループで15年間、修行し

開業するこことなりました。

 

開業にあたり縁があり通院していただける患者さん寄り添える存在になれるよう心掛けております。

 

施術の目的と内容については、

テクニックだけでは

「患者さんの痛みや悩みは改善しません。」

 

 

1患者さんの痛みや悩みを丁寧に聞き、施術目的、内容に納得できましたら施術開始します。

 

 

2患者さんが持っている自然治癒力を最大限に上げるための施術を行います。

 

 

3.症状を出している原因を探し出し分かりやすく説明し症状に対するための施術をします。

 

 

3つの柱で患者さんお一人お一人真剣に向き合う事で痛み悩みを改善すると考えております。

 

 

ご自身のお身体と真剣に向き合い「健康で豊かな生活を送って頂くこと」が私の願いであります。

 

 

そのために全力でサポートさせて頂きます。

 

まほろば接骨院鍼灸院

まほろば接骨院鍼灸院の施術の流れ

  • STEP
    01

    問診票記入

    専用の問診票にお身体の悩みや状態を

    記入して頂きます。

     

    腰痛になった原因など分かる範囲でいいので記入をお願いいたします。

     

     

     

    整体
  • STEP
    02

    カウンセリング・検査

    問診票を沿ってお身体の状態の確認や整体鍼灸などの治療プランの説明、通院回数の説明を行います。

     

     

    腰痛の原因となっている筋肉や関連部位を見ていきます。

     

    腰痛
  • STEP
    03

    施術

    整体鍼灸を用いてお身体の施術を致します。

     

    施術中に気になること不安な事がございましたらご相談下さい。

     

    腰痛
  • STEP
    04

    施術終了

    施術効果についての説明と自宅でできるセルフケア方法をお伝えいたします。

     

     

    継続的に通院が必要な方は施術プランの説明も再度行います

    整体

よくある質問

Q

患者さんはどのエリアから多く来院されますか

A

松戸市・流山市・柏市から多くの患者さんに来院して頂いております。

エリアは

松戸・北松戸・上本郷・馬橋・新松戸・松戸新田・みのり台・八柱から来院が多いです。

Q

変形性膝関節症の一般的な治療方法を教えて下さい。

A

変形性膝関節症は、加齢や肥満、スポーツによる負担などによって、膝関節の軟骨が摩耗し、痛みや腫れを引き起こす疾患です。変形性膝関節症の治療方法は、症状の程度や進行度によって異なりますが、一般的には以下のような方法が用いられます。

安静:膝関節への負担を減らすために、安静を保つことが大切です。

冷却:痛みや腫れを軽減するために、冷却療法を行うことができます。

湿布:痛みや腫れを軽減するために、湿布を行うことができます。

薬物療法:痛みや炎症を抑える薬物療法を行うことができます。

運動療法:膝関節の筋力を強化し、関節の可動域を広げるために、運動療法を行うことができます。

装具療法:膝関節への負担を軽減するために、装具を着用することができます。

手術療法:症状が重度な場合や、薬物療法や運動療法で効果が得られない場合、手術療法を行うことがあります。

変形性膝関節症は、完治することはできませんが、適切な治療を行うことで、症状を軽減し、日常生活を送ることができるようになります。

<保存療法・手術など一般的な治療法>

変形性膝関節症の治療法には大きく分けて、手術をせずに運動や薬で症状を緩和させる保存療法と手術療法の2種類があります。 まず取り組みたいのが、保存療法にあたる運動療法とつらい痛みへの対症療法の基本となる薬物療法です。 保存療法を2〜3ヵ月続けても効果がなく、さらに膝の痛みや変形が悪化している場合は、手術療法が行われます。 ここでは、運動療法・薬物療法・手術療法についてご紹介します。

運動療法: 運動によって疾患や機能障害の改善、回復を図る方法です。変形性膝関節症の改善に有効な2つのトレーニング1は以下の通りです。

太ももの前にある筋肉のトレーニング

背もたれのある椅子に深く腰掛けます

片足をゆっくり水平まで持ち上げます

5秒間キープします

ゆっくりと元に戻します

膝の動きをよくするトレーニング

足を伸ばして座り、かかとの下にタオルを置きます

かかとをゆっくりとお尻に近づけて、できるだけ膝を曲げます

かかとをゆっくりお尻から遠ざけて、できるだけ膝を伸ばします

薬物療法: 薬物を用いて炎症と痛みを抑える薬物療法も行われます。変形性膝関節症の薬には、外用薬、内服薬、座薬、注射薬があります2。

手術療法: 変形性膝関節症が進行している場合は、手術が必要な場合があります。代表的な手術方法は以下の通りです。

関節鏡視下手術

高位脛骨骨切り術(こういけいこつこつきりじゅつ)

人工膝関節置換術

Q

膝の痛みはどんな疾患があるんですか?

A

膝の痛みは、多くの疾患によって引き起こされる可能性があります。以下に、いくつかの代表的な疾患を挙げてみます。

変形性膝関節症:加齢や肥満、スポーツによる負担などによって、膝関節の軟骨が摩耗し、痛みや腫れを引き起こします。

膝蓋骨脱臼:膝蓋骨が正常な位置からずれてしまうことで、痛みや腫れを引き起こします。

半月板損傷:膝関節の軟骨である半月板が損傷することで、痛みや腫れを引き起こします。

靭帯損傷:膝関節を支える靭帯が損傷することで、痛みや腫れを引き起こします。

腱炎:膝関節を動かす腱が炎症を起こすことで、痛みや腫れを引き起こします。

滑液包炎:膝関節を保護する滑液包が炎症を起こすことで、痛みや腫れを引き起こします。

膝の痛みは、これらの疾患以外にも、関節リウマチや痛風、感染症などによって引き起こされる可能性があります。膝の痛みがひどい場合は、早めに医療機関を受診して、原因を特定し、適切な治療を受けることが大切です。

Q

めまい・メニエール病は鍼灸でどんな効果が期待できますか?

A

松戸市でめまい・メニエール病でお困りの方へ

めまいは、内耳の異常によって起こる症状です。めまいの種類はさまざまですが、代表的なものに「回転性めまい」があります。回転性めまいは、自分が回転しているような感覚を伴うめまいです。めまいは、メニエール病や突発性難聴などの病気の症状として現れることもあります。

メニエール病は、内耳の蝸牛(かたつむり)や前庭(ぜんてい)に異常が起こる病気です。めまい、難聴、耳鳴りが主な症状です。メニエール病は、原因不明の病気ですが、ストレスや疲労が誘発因子となると考えられています。

めまいやメニエール病でお困りの方は、早めに医療機関を受診してください。医師の診断を受けて、適切な治療を受けることが大切です。

鍼灸は、めまいやメニエール病の治療に効果的であると言われています。鍼灸は、内耳の血流を改善し、神経の機能を回復させる効果があります。また、鍼灸は、ストレスや疲労を解消する効果もあります。

 

Q

鍼灸の施術の効果を教えて下さい。

A

鍼灸の施術には以下のような効果が期待されています:

痛みの緩和: 鍼灸は痛みを軽減する効果があります。痛みの原因や症状に応じて適切な鍼の刺激を与えることで、痛みを和らげることができます。

筋肉の緊張緩和: 鍼灸は筋肉の緊張を緩和する効果があります。筋肉のこわばりやコリを緩め、血流やリンパの流れを促進することで筋肉の緊張をほぐします。

自律神経の調整: 鍼灸は自律神経のバランスを整える効果があります。交感神経と副交感神経の働きを調整し、身体のリラックス状態や回復力を促進します。

内臓機能の改善: 鍼灸は内臓の働きを調整する効果があります。特定の鍼の刺激ポイントを刺激することで、内臓の機能を活性化させたり、調整したりすることができます。

ストレスの軽減: 鍼灸はリラクゼーション効果があり、ストレスや不安の軽減に役立ちます。鍼灸の施術中にリラックスし、心地よい状態になることでストレスを軽減することができます。

なお、効果の実感や効果の現れ方は個人によって異なる場合があります。鍼灸の施術を受ける際は、信頼できる鍼灸師に相談し、適切な施術を受けることが重要です。

Q

神経痛の原因を教えて下さい。

A

神経痛の原因は多岐にわたりますが、一般的な原因として以下のようなものが挙げられます。

 

 

①神経の圧迫・損傷:神経が圧迫されたり、損傷を受けたりすることによって神経痛が起こる場合があります。例えば、椎間板ヘルニアや脊椎の変形、関節の異常な動き、筋肉の過緊張などが神経への圧迫を引き起こす可能性があります。

 

 

②炎症・疾患:炎症や疾患が神経痛の原因となることもあります。例えば、神経の周囲に炎症が起こることで神経が刺激され、痛みを引き起こすことがあります。また、糖尿病や帯状疱疹などの疾患も神経痛を引き起こす原因となることがあります。

 

 

⓷神経の異常な活動:神経が正常に働かず、異常な活動をすることによって神経痛が起こる場合もあります。神経の過剰な興奮や過敏性が神経痛の原因となることがあります。

 

 

④外傷や手術の後遺症:外傷や手術によって神経にダメージが生じ、神経痛が起こることがあります。例えば、骨折や手術による神経の切断や損傷が原因となることがあります。

 

 

 

 

⑤神経の障害や病気:特定の神経の障害や病気が神経痛を引き起こすことがあります。例えば、坐骨神経痛や三叉神経痛など、特定の神経に関連した病態が神経痛を引き起こすことがあります。

 

 

以上は一般的な神経痛の原因の一部です。神経痛の原因は個人や状況によって異なるため、詳しい診断が必要です。神経痛の症状がある場合は、適切な医療機関で専門家に相談し、正確な診断と適切な治療を受けることをおすすめします。

Q

不眠症で鍼灸は効果的な施術でしょうか

A

不眠症に対して鍼灸が効果的な施術法として利用されることがあります。鍼灸は、体内のエネルギーの流れを調整し、身体と心のバランスを整えるとされています。不眠症は、身体の不調やストレス、心の不安などが原因となって起こることが多く、鍼灸はこれらの要素に働きかけることで睡眠の質を改善する効果が期待されます。

 

具体的には、鍼灸によって筋肉の緊張を緩和し、リラックス状態を促すことができます。また、鍼灸の施術によって自律神経のバランスを整えることもあり、不眠症の改善に寄与することがあります。

 

ただし、不眠症の原因や症状は個人によって異なるため、鍼灸の効果も人によって異なる場合があります。重度の不眠症の場合や他の病状がある場合は、医師や専門家との相談をおすすめします。彼らはあなたの状態を評価し、最適な治療法やアプローチを提案することができます。

Q

不眠症はどんな症状ですか?

A

不眠症は、以下のような症状を特徴とする睡眠障害の一つです。

入眠困難: 寝床に入ってからなかなか眠りに入れない状態です。

中途覚醒: 眠っている途中で何度も目が覚めることがあり、再び眠りに入りにくい状態です。

早朝覚醒: 早朝に目が覚めてしまい、その後は再び眠りに入れない状態です。

睡眠の質の低下: 眠っている間も十分な休息を感じられず、熟睡感や爽快感が得られない状態です。

眠気や疲労感: 眠りが浅く、不十分な睡眠を経験するため、昼間に眠気や疲労感が現れることがあります。

不眠症の症状は個人によって異なる場合があります。また、長期間にわたって続く場合や日常生活に支障をきたす場合は、医師や専門家に相談することが重要です。

Q

A

交通事故による頭痛やむち打ちの症状について説明いたします。

【頭痛】 交通事故による衝撃や急激な動きによって、頭部にダメージや筋肉の緊張が生じることがあります。その結果、頭痛が発生することがあります。頭痛は痛みの範囲や程度によって異なり、鈍痛や激しいピリピリした痛みなどが生じる場合もあります。

 

 

【むち打ち症】 むち打ち症とは、首や首から背中にかけての筋肉や靭帯にダメージが生じる状態です。交通事故による急激な衝撃や首の無理な動きによって、頚椎の周囲の組織が損傷を受けることがあります。むち打ち症の主な症状としては、首の痛み・こり、肩の痛み・こり、頭痛、めまい、吐き気などが挙げられます。

 

 

交通事故による頭痛やむち打ち症は、症状の出方や程度によって個人差があります。早期の治療が重要であり、放置すると症状が悪化する可能性があります。当院では経験豊富なスタッフが、的確な診断と適切な治療プランを立案し、あなたの症状に合わせた治療を行います。

 

 

痛みの軽減、炎症の抑制、筋肉の緊張緩和など、鍼灸整体などの施術を通じて、早期の回復を促します。また、リハビリテーションやストレッチなどの運動療法も取り入れ、筋力や柔軟性の回復を支援します。

 

 

交通事故による頭痛やむち打ち症でお悩みの方は、早めの治療をおすすめします。私たちの接骨院では、経験豊富なスタッフが的確な診断と効果的な治療を提供し、あなたの回復を全力でサポートいたします。ご予約やお問い合わせはお気軽にどうぞ。

Q

睡眠時間と自律神経の関係について教えて下さい。

A

睡眠と自律神経は密接に関連しています。以下に睡眠と自律神経の関係について説明します。

自律神経と睡眠: 自律神経は交感神経と副交感神経から成り立っており、それぞれが対照的な役割を果たしています。交感神経は「戦う・逃げる」反応を促し、副交感神経は「休息・リラックス」状態を促します。睡眠中は副交感神経が優位に働き、体をリラックスさせるため、良質な睡眠を得ることで自律神経のバランスが整いやすくなります。

睡眠の質と自律神経のバランス: 睡眠の質が良好であると、副交感神経が活性化し、リラックス状態が促進されます。一方、睡眠の質が低下すると、交感神経が優位に働き、身体が緊張状態になります。長期間にわたって睡眠の質が低下すると、自律神経のバランスが乱れ、ストレスや不調の原因となる可能性があります。

睡眠不足と自律神経の乱れ: 睡眠不足は交感神経の活性化を引き起こし、副交感神経の働きを抑制します。その結果、心身の緊張が続き、ストレス反応が増加します。また、睡眠不足はホルモンバランスの乱れや免疫機能の低下など、さまざまな生理的な変化をもたらす可能性があります。

良質な睡眠を得るためには、以下のポイント大切になります。

睡眠環境の整備: 静かで快適な寝室環境を整え、適切な温度や照明を設定。

睡眠のルーティン: 定期的な睡眠スケジュールを作り、毎日同じ時間に寝るように心がけて下さい。

快適な睡眠姿勢: 適切な枕やマットレスを使用し、体の負担を軽減します。

リラックスの促進: 寝る前にリラックスする時間を設け、ストレスを軽減する活動や瞑想などを行います。

睡眠を妨げる要因の排除: 刺激的な食事や飲み物、携帯電話や電子機器の使用を寝る前に避けます。

自律神経のバランスを整えるためには、良質な睡眠を確保することが重要です。継続的な睡眠の改善は、身体の調子や心の健康にプラスの影響を与えることが期待されます。

鍼灸整体はこのような効果が期待できます

☑免疫機能の活性化

免疫力の高い状態を作り出し、持続させることで身体を正常な状態に引き出します。本来備わっている免疫細胞が正常に動いてさえいれば、痛みなどに負けない体を皆持っているのです。鍼灸治療で免疫力を活性化させるお手伝いを致します。

 

 

☑鎮痛作用

鍼の刺激がの脳へ伝わることで脳内で痛みを抑制する物質が脳内でを産生し痛みをとめている作用があります。

 

 

☑血行促進

大きくの疾患が血流が悪くなり発症します。鍼や整体で身体を刺激することで末梢の血管まで血流を巡らせ老廃物の疲労物質の除去をしていきます。

 

 

☑自律神経の調整

交感神経も副交感神経は脊髄の中にあるため、胸椎と腰椎を刺激することで、交感神経と副交感神経に影響を与えることができます。

しかも、脊柱の両脇には交感神経が通る経路があり内臓につながるツボも並んでいます。

この経路刺激することで交感神経と副交感神経のバランスを取り戻すことができます。

 

 

☑脳の活性化

人間の身体が動く仕組みは、脳と密接に関係しています。

脳は、手足などの各部位の運動を司る担当が別れており鍼灸により神経の繋がりを活性化させることで、脳を刺激しる作用があります

 

 

☑リラックス効果

鍼灸を受けてリラックスするのは脳内ホルモンであるセロトニンが増加します。

セロトニンは心を落ち着かせる作用やストレスの緩和作用があるのでリラックス効果が見られます。

腰痛種類

筋・筋膜性腰痛

腰痛のある人の7~8割を占めています。)

腰痛のある人の7~8割は筋・筋膜性腰痛になります。


筋・筋膜性腰痛鍼灸治療の適応症の中でも最も効果のある疾患の一つです。

 

過度の運動や長時間同じ姿勢を続けていると、筋肉の疲労や緊張が生じ、筋肉の中を走行している血管が圧迫され血液循環の滞りが起きます。血液循環の滞りが生じますと、筋肉に老廃物などの痛みの素となる物質がたまり痛みが現れます。このような状態で筋肉が運動を行えば、筋繊維はすぐに傷つき痛みが起こります。そのため痛みが慢性的になり、筋肉の緊張がさらに強くなり、より大きなトリガーポイントが出来るというような悪循環となります。

腰部椎間関節性腰痛

主に加齢による腰椎周辺の軟部組織(筋肉、靭帯、軟骨)の変性変化になります。

椎間関節は背骨にかかる圧力に関節が負けないよう、関節の周りを関節という袋で包み、さらに靭帯という強靭なバンドのようなもので補強されています。

 

ギックリ腰(椎間関節性腰痛

上記のように、もともと体重の30%の圧力がかかる関節なのですが、腰を強くひねったり、重いものを勢いよく持ち上げようとすると、急激に関節にかかる圧力が増し、関節包、靭帯が引き延ばされて捻挫を起こし、炎症が起きて激しい痛みを起こします。

仙腸関節捻挫(ぎっくり腰)

仙腸関節とは、骨盤を形成する骨のうち、仙骨と腸骨との接合する部分の関節です。基本的にはこの関節は、靭帯という強靭なゴムバンドで固定されていて、あまり動きのない関節です。

妊娠や出産時において中腰姿勢で腰を捻ったり、中腰姿勢で急に動いたりすると、関節が可動域以上にズレてしまい、ズレた状態のまま固まってしまい痛みを発します。この状態が仙腸関節の捻挫です。

 

慢性椎間関節性腰痛

 

上記のように、体重の30%の圧力がかかる関節なのですが、体重の70%の圧力を吸収するとされている椎間板という軟骨は、年齢とともに水分含有率が減り、形が徐々に変形していきます。椎間板の変形が進むと本来椎間関節にかかる圧力は30%でしたが、その比率が増え、関節にかかる負担が増し、軟骨が擦れ合って痛みを起こします。

 

腰椎分離症(腰椎分離すべり症)

20歳以下の成長期の若者、特に10~14歳の子どもに多く見られる疾患です。

激しい運動で腰椎に負荷がかかると、椎間関節にヒビが入ったり、骨折して前後に離れてしまうことがあります。この状態を腰椎分離症といいます。(一種の疲労骨折もような状態です)


スポーツをする青少年に多いのは、骨や筋肉がまだ成長過程でしっかり出来上がっておらず、運動のしすぎによる負荷で疲労骨折をしやすいためです。また、分離したことで椎骨が前の方にズレてしまうことがあり、この状態を腰椎分離すべり症といいます。

腰椎分離症の状態を放置しておくと、20%弱の割合で分離すべり症に進んでしまうといわれます。骨折が椎弓の片側だけならあまり問題はありませんが、両側に起こるとすべりやすくなります。

 

椎間関節が疲労骨折すると椎骨同士を連結する力が弱まり、腰の骨が不安定になります。その結果、椎間板や筋肉、靭帯などの周囲の組織や神経に負担や刺激がかかって腰に痛みが生じます。腰椎分離すべり症でズレた椎骨が、坐骨神経につながる神経根を圧迫すると、お尻や足の外側にそってしびれや痛みが生じることもあります(坐骨神経痛)。
※坐骨神経痛が見られる場合は、腰椎分離症・すべり症が原因で「腰椎椎間板ヘルニア」や「腰部脊柱管狭窄症」を併発している可能性もあります。

お気軽にお電話でご連絡ください
047-710-6845 047-710-6845
午前 9:00 ~ 12:30、午後 15:00 ~ 20:00、
土曜診療 9:00 ~ 14:00
Access

JR常磐線北松戸駅から歩いて約2分

概要

医院名 まほろば接骨院鍼灸
住所 千葉県松戸市上本郷2228高木ビル103
電話番号 047-710-6845
診療時間 平日   9:00 〜 20:00
土曜・祝日 9:00〜17:00
休診日 日曜日
最寄り 北松戸駅2分

アクセス

松戸市・北松戸・上本郷・南花島・中和倉・栄町・馬橋・八ヶ崎・新松戸・松戸新田・みのり台・八柱から多くの方が来院されています。
根本改善を目指すためには、鍼灸整体で継続して施術を受けていただくことが非常に大切です。
Contact

お問い合わせ

RELATED

関連記事