鍼灸
めまい
鍼灸
鍼灸

※土・祝 +550円  

※1日 2名限定

2回目以降の施術料金

30分 3,850円
60分 7,700円

カウンセリングや患者様のご希望に合わせて施術プランを作成いたします。

 

 

お気軽にお電話でご連絡ください

047-710-6845

047-710-6845

月~金   9:00~20:00
土曜・祝日 9:00 ~ 17:00
日曜 休診

 

千葉県松戸市上本郷2228高木ビル103

なせ 根本改善

もしあなたが、

 


病院や整骨院・マッサージに

 

 

行って良くならないのなら…

 

 

当院の施術は筋肉や関節、体の歪みの調整はもちろん、総合的に身体をみて症状を改善していきます。

 

お身体の状態に合わせて、

 

 

 

体の歪みを整える

 

 

☑筋肉のこりや関節の歪みを整える

 

 

☑自律神経やホルモンバランスの乱れを整える

 

☑血流・リンパ液の乱れを整える

 

 

などを行います。

 

 

手技や鍼灸は痛みのない施術なので、ご安心ください。

 

 

こんな質問が多いです

 

Q1.施術の痛みはありますか?

当院では高齢者や妊娠中の方でも受けていただける整体鍼灸の施術です。

 

ただ、症状が重いと体の悪い部分が反応し少し痛みやだるさなどが出る場合があります。

 

お体が敏感な方不安な方は念の為お知らせいただけると幸いです。

 

 

Q2.病院や整骨院で良くならない人が行っても大丈夫ですか?

 

大丈夫です。

当院では、「本当の原因は何なのか?」を筋肉や関節の問題だけでなく、自律神経の乱れ、普段の生活習慣のどこにあるのかを追求することを徹底的に行なっております。

ですので、病院や整体院で良くならない方の施術は得意としておりますし、そういった方にこそ来院していただきたいです。

 

Q3.予約制ですか?

 

当院は予約制ですので、ご来院の際は電話かアプリ・LINEで予約をお取りください。

 

当日でも空きがありましたらご案内させていただきます。

 

 

「時間ができたから行ってみようかな」と思われましたらお電話でお問い合わせください。

 

 

 

 

 

めまいについて

こんなお悩みありませんか?

 

・耳鳴りの症状による不安やイライラ

 

・集中力の低下や睡眠障害の悩み

 

・日常生活に支障をきたす耳鳴りの頻度

 

①立ちくらみやふらつき:めまいの一つで、立ち上がったり急に体の位置を変えたりすると、めまいやふらつきを感じることがあります。これは一時的なめまいであり、起立性低血圧や内耳のバランス感覚の異常などが原因となる場合があります。

②回転性めまい:回転しているような感覚やぐるぐる回るようなめまいが続くことがあります。これは内耳の前庭器官の異常やよって引き起こされることがあります。

 

⓷落ちる感じやふわっとする感覚:地面が揺れたり、自分が落ちていくような感覚やふわっとする感覚を経験することがあります。これは前庭器官や脳のバランス感覚の異常によって引き起こされることがあります。

 

 

④姿勢の不安定感:立っているときや歩いているときに、体のバランスを保つのが難しく感じることがあります。これは内耳や脳のバランス調整機能の異常によって引き起こされることがあります。

 

 

⑤吐き気や不安感:めまいに伴って吐き気や不安感を感じることがあります。これはめまいが引き起こす身体的・精神的なストレス反応の一部として現れることがあります。

お任せください

めまいは放置せず早期治療を

めまいの原因

 

①内耳の問題:内耳の平衡感覚や前庭器官の異常によるめまいが起こることがあります。内耳疾患や耳の感染症、メニエール病良性突発性頭位めまい症、突発性難聴によるめまいなどが関連する場合があります。

 

 

②血流の異常:血管の問題や血圧の変動により、脳への血液供給が不十分になることがめまいの原因となる場合があります。

 

 

⓷脳や神経系の問題:脳の血管障害や疾患、神経の異常などがめまいを引き起こすことがあります。頚椎の問題や神経の圧迫も関与することがあります。

 

④ストレスや不安:ストレスや不安、過労などの心理的な要因もめまいの原因となることがあります。これは自律神経の乱れや身体の緊張によるものです。

改善のカギは「自律神経」です

改善のカギとなるのは「自律神経」でした

 

自律神経とは、身体が無意識でおこなっている呼吸や血流、内臓の働き等の活動をコントロールする器官です。


この自律神経が乱れると、例えば寝ても筋肉が回復せず疲れが溜まっていく一方になったり、血流が滞った部分から痛みが出たりしてしまいます。


つまりあなたの身体は、自律神経の乱れのせいで様々な不調を起こしやすい状態になってしまっていたのです。

 

 

自律神経が乱れると…

・筋肉が固くなる ・血管が収縮する ・栄養失調 ・酸素不足 ・睡眠不足
・体温が下がる ・リンパの流れが悪化 ・疲労が溜まりやすくなる

 

 

当院は鍼灸治療を使い、背骨、骨盤にアプローチして痛みの根本原因を取り除く事により、今まで病院や接骨院に行っても改善できない症状を改善へ導くお手伝いをします。

 

そのいずれも痛い場所ばかり追って、全身のバランスに不可欠な「自律神経」に着目せずに体の歪みだけを原因にしているのが現状です。


体の不調は「背骨」「骨盤」「内臓」などをコントロールする、「自律神経の乱れ」からくるという事実をもとに生み出された独自の鍼灸術で身体にアプローチしていきます。

 

 

しかもそれだけではなく、鍼灸をした時だけ楽になっても仕方がありません。当院はアフターケアーに力を入れており生活習慣から、からだの使い方を治さなければまた同じように症状をくり返してしまうからです。

 

そこで当院では再発しにくい身体になるよう、運動、食事、睡眠などの指導もしていきます。

 

 

めまいで鍼灸を施術すると下記のような効果が期待できます。

 

 

①血液循環の改善:鍼灸は細かな針を経絡(けいらく)やツボに刺激することで、血液循環を促進します。これにより、めまいの原因となる血行不良が改善される可能性があります。

 

 

②自律神経の調整:鍼灸は自律神経のバランスを整える効果があります。自律神経の乱れはめまいの原因の一つとされており、鍼灸によって自律神経の調整が行われることでめまいの症状が軽減される可能性があります。

 

 

⓷ストレス軽減:鍼灸はリラクゼーション効果もあります。心地よい刺激や鍼灸施術中のリラックス状態によって、ストレスが軽減されることがあります。ストレスはめまいの誘因となることがあり、鍼灸によってストレスが軽減されることでめまいの改善につながる可能性があります。。

以上のように、鍼灸は血液循環の改善や自律神経の調整、ストレス軽減などを通じてめまいの症状を緩和する効果が期待できます。ただし、個人の状態によって効果や効果の現れ方は異なる場合があります。

 

施術内容でご不明な点がございましたら、当院までご連絡下さい。

 

 

<初回キャンペーンご案内>

 

初回 カウンセリング含め 60分 3,900円

 

2回目以降 30分 3,850円 60分 7,700円

 

 

 

めまい
Check!
松戸の他の院とはここが違う
まほろば接骨院・鍼灸院が選ばれる理由
Point1

徹底したカウンセリング、検査

根本改善するには患者様のお身体の状態を把握する必要があります。身体の歪みなど検査します。

 

また治療計画を作成するうえで患者さんと施術者が同じ目標を持ちお身体の改善に努めていきます。

 

 

Point2

痛みのないソフトな施術。バキバキしません!!

お子様でも妊婦さんでの安心して施術を受けていただけます。

 

 

Point3

担当が変わる事がないオーダーメイド施術

 

他院では毎回担当者が変わりますが当院では院長が責任を持って施術いたします。

 

Point4

病院との連携

 

交通事故や外傷は整形外科と連携しておりフォロー体制を整えております。また他の院で改善されなかった症状にも対応しております。

 

 

 

Point5

衛生管理の徹底!清潔な院内です

 

当然のことながらベットはアルコール消毒、トイレ清掃など衛生管理に力を入れております。

 

 

Point6

平日20時まで、土曜・祝日も診療

月曜日から金曜日は20時最終受付。

土曜日、祝日の17時まで診療しております。

 

万が一間に合わない場合でも、お電話いただければ

対応いたします。

 

交通事故患者さんは平日21時まで受付してます。

 

Point7

予約優先でのご案内

当院では予約優先でご案内しております。

 

また予約アプリもございますので、24時間ご予約対応しております。

 

Point8

北松戸駅徒歩2分好立地

北松戸駅から徒歩2分でご来院できます。

北松戸・上本郷・南花島・栄町・中和倉・馬橋・八ヶ崎の方でも電車やバスをご利用して来院される患者さんが多くいます。

 

まほろば接骨鍼灸院が大切にしていること

自己紹介

当院のホームページを見て頂きありがとうございます。

 

まほろば接骨鍼灸院の近藤です。

 

平成28年に開業しました。

 

都内の接骨院グループで15年間、修行し

開業するこことなりました。

 

当院のビジョンは

『心と身体を健康にし活力ある生活をサポート』

する治療院を目指しております。

 

会社員時代はたくさんのスタッフの中、患者さんも

多く患者さんに一人ひとりに向き合う時間が

取れていませんでした。

 

開業にあたり縁があり通院していただける患者さん寄り添える存在になれるよう心掛けております。

 

その中で大切にしていることは、

『カウンセリング』です。

 

最短で回復するには原因を特定して

治療計画を作ることは大切になります。

 

回復までのプロセス説明、治療、日常のセルフケア指導をして痛みに対しての悩みや不安などを

取り除き健康のサポートしていきます。

 

まほろば接骨鍼灸

近藤 一博

 

まほろば接骨院鍼灸院

まほろば接骨院鍼灸院の施術の流れ

  • STEP
    01

    問診票記入

    専用の問診票にお身体の悩みや状態を

    記入して頂きます。

    鍼灸
  • STEP
    02

    カウンセリング・検査

    問診票を沿ってお身体の状態の確認や治療プランの説明、通院回数の説明を行います。

    おすすめ
  • STEP
    03

    施術

    整体鍼灸を用いてお身体の施術を致します。

    施術中に気になること不安な事がございましたらご相談下さい。

     

    めまい
  • STEP
    04

    施術終了

    施術効果についての説明と自宅でできるセルフケア方法をお伝えいたします。

    継続的に通院が必要な方は施術プランの説明も再度行います

    めまい
鍼灸
鍼灸

※土・祝 +550円  

※1日 2名限定

2回目以降の施術料金

30分 3,850円
60分 7,700円

カウンセリングや患者様のご希望に合わせて施術プランを作成いたします。

 

 

お気軽にお電話でご連絡ください
047-710-6845 047-710-6845
午前 9:00 ~ 12:30、午後 15:00 ~ 20:00、
土曜診療 9:00 ~ 14:00
  • instagram
  • line

Q

患者さんはどのエリアから多く来院されますか

A

松戸市・流山市・柏市から多くの患者さんに来院して頂いております。

エリアは

松戸・北松戸・上本郷・馬橋・新松戸・松戸新田・みのり台・八柱から来院が多いです。

Q

変形性膝関節症の一般的な治療方法を教えて下さい。

A

変形性膝関節症は、加齢や肥満、スポーツによる負担などによって、膝関節の軟骨が摩耗し、痛みや腫れを引き起こす疾患です。変形性膝関節症の治療方法は、症状の程度や進行度によって異なりますが、一般的には以下のような方法が用いられます。

安静:膝関節への負担を減らすために、安静を保つことが大切です。

冷却:痛みや腫れを軽減するために、冷却療法を行うことができます。

湿布:痛みや腫れを軽減するために、湿布を行うことができます。

薬物療法:痛みや炎症を抑える薬物療法を行うことができます。

運動療法:膝関節の筋力を強化し、関節の可動域を広げるために、運動療法を行うことができます。

装具療法:膝関節への負担を軽減するために、装具を着用することができます。

手術療法:症状が重度な場合や、薬物療法や運動療法で効果が得られない場合、手術療法を行うことがあります。

変形性膝関節症は、完治することはできませんが、適切な治療を行うことで、症状を軽減し、日常生活を送ることができるようになります。

<保存療法・手術など一般的な治療法>

変形性膝関節症の治療法には大きく分けて、手術をせずに運動や薬で症状を緩和させる保存療法と手術療法の2種類があります。 まず取り組みたいのが、保存療法にあたる運動療法とつらい痛みへの対症療法の基本となる薬物療法です。 保存療法を2〜3ヵ月続けても効果がなく、さらに膝の痛みや変形が悪化している場合は、手術療法が行われます。 ここでは、運動療法・薬物療法・手術療法についてご紹介します。

運動療法: 運動によって疾患や機能障害の改善、回復を図る方法です。変形性膝関節症の改善に有効な2つのトレーニング1は以下の通りです。

太ももの前にある筋肉のトレーニング

背もたれのある椅子に深く腰掛けます

片足をゆっくり水平まで持ち上げます

5秒間キープします

ゆっくりと元に戻します

膝の動きをよくするトレーニング

足を伸ばして座り、かかとの下にタオルを置きます

かかとをゆっくりとお尻に近づけて、できるだけ膝を曲げます

かかとをゆっくりお尻から遠ざけて、できるだけ膝を伸ばします

薬物療法: 薬物を用いて炎症と痛みを抑える薬物療法も行われます。変形性膝関節症の薬には、外用薬、内服薬、座薬、注射薬があります2。

手術療法: 変形性膝関節症が進行している場合は、手術が必要な場合があります。代表的な手術方法は以下の通りです。

関節鏡視下手術

高位脛骨骨切り術(こういけいこつこつきりじゅつ)

人工膝関節置換術

Q

膝の痛みはどんな疾患があるんですか?

A

膝の痛みは、多くの疾患によって引き起こされる可能性があります。以下に、いくつかの代表的な疾患を挙げてみます。

変形性膝関節症:加齢や肥満、スポーツによる負担などによって、膝関節の軟骨が摩耗し、痛みや腫れを引き起こします。

膝蓋骨脱臼:膝蓋骨が正常な位置からずれてしまうことで、痛みや腫れを引き起こします。

半月板損傷:膝関節の軟骨である半月板が損傷することで、痛みや腫れを引き起こします。

靭帯損傷:膝関節を支える靭帯が損傷することで、痛みや腫れを引き起こします。

腱炎:膝関節を動かす腱が炎症を起こすことで、痛みや腫れを引き起こします。

滑液包炎:膝関節を保護する滑液包が炎症を起こすことで、痛みや腫れを引き起こします。

膝の痛みは、これらの疾患以外にも、関節リウマチや痛風、感染症などによって引き起こされる可能性があります。膝の痛みがひどい場合は、早めに医療機関を受診して、原因を特定し、適切な治療を受けることが大切です。

Q

めまい・メニエール病は鍼灸でどんな効果が期待できますか?

A

松戸市でめまい・メニエール病でお困りの方へ

めまいは、内耳の異常によって起こる症状です。めまいの種類はさまざまですが、代表的なものに「回転性めまい」があります。回転性めまいは、自分が回転しているような感覚を伴うめまいです。めまいは、メニエール病や突発性難聴などの病気の症状として現れることもあります。

メニエール病は、内耳の蝸牛(かたつむり)や前庭(ぜんてい)に異常が起こる病気です。めまい、難聴、耳鳴りが主な症状です。メニエール病は、原因不明の病気ですが、ストレスや疲労が誘発因子となると考えられています。

めまいやメニエール病でお困りの方は、早めに医療機関を受診してください。医師の診断を受けて、適切な治療を受けることが大切です。

鍼灸は、めまいやメニエール病の治療に効果的であると言われています。鍼灸は、内耳の血流を改善し、神経の機能を回復させる効果があります。また、鍼灸は、ストレスや疲労を解消する効果もあります。

 

Q

鍼灸の施術の効果を教えて下さい。

A

鍼灸の施術には以下のような効果が期待されています:

痛みの緩和: 鍼灸は痛みを軽減する効果があります。痛みの原因や症状に応じて適切な鍼の刺激を与えることで、痛みを和らげることができます。

筋肉の緊張緩和: 鍼灸は筋肉の緊張を緩和する効果があります。筋肉のこわばりやコリを緩め、血流やリンパの流れを促進することで筋肉の緊張をほぐします。

自律神経の調整: 鍼灸は自律神経のバランスを整える効果があります。交感神経と副交感神経の働きを調整し、身体のリラックス状態や回復力を促進します。

内臓機能の改善: 鍼灸は内臓の働きを調整する効果があります。特定の鍼の刺激ポイントを刺激することで、内臓の機能を活性化させたり、調整したりすることができます。

ストレスの軽減: 鍼灸はリラクゼーション効果があり、ストレスや不安の軽減に役立ちます。鍼灸の施術中にリラックスし、心地よい状態になることでストレスを軽減することができます。

なお、効果の実感や効果の現れ方は個人によって異なる場合があります。鍼灸の施術を受ける際は、信頼できる鍼灸師に相談し、適切な施術を受けることが重要です。

Q

神経痛の原因を教えて下さい。

A

神経痛の原因は多岐にわたりますが、一般的な原因として以下のようなものが挙げられます。

 

 

①神経の圧迫・損傷:神経が圧迫されたり、損傷を受けたりすることによって神経痛が起こる場合があります。例えば、椎間板ヘルニアや脊椎の変形、関節の異常な動き、筋肉の過緊張などが神経への圧迫を引き起こす可能性があります。

 

 

②炎症・疾患:炎症や疾患が神経痛の原因となることもあります。例えば、神経の周囲に炎症が起こることで神経が刺激され、痛みを引き起こすことがあります。また、糖尿病や帯状疱疹などの疾患も神経痛を引き起こす原因となることがあります。

 

 

⓷神経の異常な活動:神経が正常に働かず、異常な活動をすることによって神経痛が起こる場合もあります。神経の過剰な興奮や過敏性が神経痛の原因となることがあります。

 

 

④外傷や手術の後遺症:外傷や手術によって神経にダメージが生じ、神経痛が起こることがあります。例えば、骨折や手術による神経の切断や損傷が原因となることがあります。

 

 

 

 

⑤神経の障害や病気:特定の神経の障害や病気が神経痛を引き起こすことがあります。例えば、坐骨神経痛や三叉神経痛など、特定の神経に関連した病態が神経痛を引き起こすことがあります。

 

 

以上は一般的な神経痛の原因の一部です。神経痛の原因は個人や状況によって異なるため、詳しい診断が必要です。神経痛の症状がある場合は、適切な医療機関で専門家に相談し、正確な診断と適切な治療を受けることをおすすめします。

Q

不眠症で鍼灸は効果的な施術でしょうか

A

不眠症に対して鍼灸が効果的な施術法として利用されることがあります。鍼灸は、体内のエネルギーの流れを調整し、身体と心のバランスを整えるとされています。不眠症は、身体の不調やストレス、心の不安などが原因となって起こることが多く、鍼灸はこれらの要素に働きかけることで睡眠の質を改善する効果が期待されます。

 

具体的には、鍼灸によって筋肉の緊張を緩和し、リラックス状態を促すことができます。また、鍼灸の施術によって自律神経のバランスを整えることもあり、不眠症の改善に寄与することがあります。

 

ただし、不眠症の原因や症状は個人によって異なるため、鍼灸の効果も人によって異なる場合があります。重度の不眠症の場合や他の病状がある場合は、医師や専門家との相談をおすすめします。彼らはあなたの状態を評価し、最適な治療法やアプローチを提案することができます。

Q

不眠症はどんな症状ですか?

A

不眠症は、以下のような症状を特徴とする睡眠障害の一つです。

入眠困難: 寝床に入ってからなかなか眠りに入れない状態です。

中途覚醒: 眠っている途中で何度も目が覚めることがあり、再び眠りに入りにくい状態です。

早朝覚醒: 早朝に目が覚めてしまい、その後は再び眠りに入れない状態です。

睡眠の質の低下: 眠っている間も十分な休息を感じられず、熟睡感や爽快感が得られない状態です。

眠気や疲労感: 眠りが浅く、不十分な睡眠を経験するため、昼間に眠気や疲労感が現れることがあります。

不眠症の症状は個人によって異なる場合があります。また、長期間にわたって続く場合や日常生活に支障をきたす場合は、医師や専門家に相談することが重要です。

Q

A

交通事故による頭痛やむち打ちの症状について説明いたします。

【頭痛】 交通事故による衝撃や急激な動きによって、頭部にダメージや筋肉の緊張が生じることがあります。その結果、頭痛が発生することがあります。頭痛は痛みの範囲や程度によって異なり、鈍痛や激しいピリピリした痛みなどが生じる場合もあります。

 

 

【むち打ち症】 むち打ち症とは、首や首から背中にかけての筋肉や靭帯にダメージが生じる状態です。交通事故による急激な衝撃や首の無理な動きによって、頚椎の周囲の組織が損傷を受けることがあります。むち打ち症の主な症状としては、首の痛み・こり、肩の痛み・こり、頭痛、めまい、吐き気などが挙げられます。

 

 

交通事故による頭痛やむち打ち症は、症状の出方や程度によって個人差があります。早期の治療が重要であり、放置すると症状が悪化する可能性があります。当院では経験豊富なスタッフが、的確な診断と適切な治療プランを立案し、あなたの症状に合わせた治療を行います。

 

 

痛みの軽減、炎症の抑制、筋肉の緊張緩和など、鍼灸整体などの施術を通じて、早期の回復を促します。また、リハビリテーションやストレッチなどの運動療法も取り入れ、筋力や柔軟性の回復を支援します。

 

 

交通事故による頭痛やむち打ち症でお悩みの方は、早めの治療をおすすめします。私たちの接骨院では、経験豊富なスタッフが的確な診断と効果的な治療を提供し、あなたの回復を全力でサポートいたします。ご予約やお問い合わせはお気軽にどうぞ。

Q

睡眠時間と自律神経の関係について教えて下さい。

A

睡眠と自律神経は密接に関連しています。以下に睡眠と自律神経の関係について説明します。

自律神経と睡眠: 自律神経は交感神経と副交感神経から成り立っており、それぞれが対照的な役割を果たしています。交感神経は「戦う・逃げる」反応を促し、副交感神経は「休息・リラックス」状態を促します。睡眠中は副交感神経が優位に働き、体をリラックスさせるため、良質な睡眠を得ることで自律神経のバランスが整いやすくなります。

睡眠の質と自律神経のバランス: 睡眠の質が良好であると、副交感神経が活性化し、リラックス状態が促進されます。一方、睡眠の質が低下すると、交感神経が優位に働き、身体が緊張状態になります。長期間にわたって睡眠の質が低下すると、自律神経のバランスが乱れ、ストレスや不調の原因となる可能性があります。

睡眠不足と自律神経の乱れ: 睡眠不足は交感神経の活性化を引き起こし、副交感神経の働きを抑制します。その結果、心身の緊張が続き、ストレス反応が増加します。また、睡眠不足はホルモンバランスの乱れや免疫機能の低下など、さまざまな生理的な変化をもたらす可能性があります。

良質な睡眠を得るためには、以下のポイント大切になります。

睡眠環境の整備: 静かで快適な寝室環境を整え、適切な温度や照明を設定。

睡眠のルーティン: 定期的な睡眠スケジュールを作り、毎日同じ時間に寝るように心がけて下さい。

快適な睡眠姿勢: 適切な枕やマットレスを使用し、体の負担を軽減します。

リラックスの促進: 寝る前にリラックスする時間を設け、ストレスを軽減する活動や瞑想などを行います。

睡眠を妨げる要因の排除: 刺激的な食事や飲み物、携帯電話や電子機器の使用を寝る前に避けます。

自律神経のバランスを整えるためには、良質な睡眠を確保することが重要です。継続的な睡眠の改善は、身体の調子や心の健康にプラスの影響を与えることが期待されます。

松戸・北松戸まほろば接骨院鍼灸院 新型コロナ感染症の対応

 

【感染防止の指針を持ち皆様の健康をサポートします】

 

・毎日検温を実施し健康管理に努めております

 

・タオル・施術器具の管理を徹底してます。

 

・感染防止の為院内ではマスク、グローブを使用します。

 

・換気を定期的に行っております

 

・トイレ・待合室のアルコール消毒

 

b4-e1589447024982_R
Access

JR常磐線北松戸駅から歩いて約2分

概要

医院名 まほろば接骨院鍼灸
住所 千葉県松戸市上本郷2228高木ビル103
電話番号 047-710-6845
診療時間 平日   9:00 〜 20:00
土曜・祝日 9:00〜17:00
休診日 日曜日
最寄り 北松戸駅2分

アクセス

松戸市・北松戸・上本郷・南花島・中和倉・栄町・馬橋・八ヶ崎・新松戸・松戸新田・みのり台・八柱から多くの方が来院されています。
根本改善を目指すためには、鍼灸整体で継続して施術を受けていただくことが非常に大切です。

Q

患者さんはどのエリアから多く来院されますか

A

松戸市・流山市・柏市から多くの患者さんに来院して頂いております。

エリアは

松戸・北松戸・上本郷・馬橋・新松戸・松戸新田・みのり台・八柱から来院が多いです。

Q

変形性膝関節症の一般的な治療方法を教えて下さい。

A

変形性膝関節症は、加齢や肥満、スポーツによる負担などによって、膝関節の軟骨が摩耗し、痛みや腫れを引き起こす疾患です。変形性膝関節症の治療方法は、症状の程度や進行度によって異なりますが、一般的には以下のような方法が用いられます。

安静:膝関節への負担を減らすために、安静を保つことが大切です。

冷却:痛みや腫れを軽減するために、冷却療法を行うことができます。

湿布:痛みや腫れを軽減するために、湿布を行うことができます。

薬物療法:痛みや炎症を抑える薬物療法を行うことができます。

運動療法:膝関節の筋力を強化し、関節の可動域を広げるために、運動療法を行うことができます。

装具療法:膝関節への負担を軽減するために、装具を着用することができます。

手術療法:症状が重度な場合や、薬物療法や運動療法で効果が得られない場合、手術療法を行うことがあります。

変形性膝関節症は、完治することはできませんが、適切な治療を行うことで、症状を軽減し、日常生活を送ることができるようになります。

<保存療法・手術など一般的な治療法>

変形性膝関節症の治療法には大きく分けて、手術をせずに運動や薬で症状を緩和させる保存療法と手術療法の2種類があります。 まず取り組みたいのが、保存療法にあたる運動療法とつらい痛みへの対症療法の基本となる薬物療法です。 保存療法を2〜3ヵ月続けても効果がなく、さらに膝の痛みや変形が悪化している場合は、手術療法が行われます。 ここでは、運動療法・薬物療法・手術療法についてご紹介します。

運動療法: 運動によって疾患や機能障害の改善、回復を図る方法です。変形性膝関節症の改善に有効な2つのトレーニング1は以下の通りです。

太ももの前にある筋肉のトレーニング

背もたれのある椅子に深く腰掛けます

片足をゆっくり水平まで持ち上げます

5秒間キープします

ゆっくりと元に戻します

膝の動きをよくするトレーニング

足を伸ばして座り、かかとの下にタオルを置きます

かかとをゆっくりとお尻に近づけて、できるだけ膝を曲げます

かかとをゆっくりお尻から遠ざけて、できるだけ膝を伸ばします

薬物療法: 薬物を用いて炎症と痛みを抑える薬物療法も行われます。変形性膝関節症の薬には、外用薬、内服薬、座薬、注射薬があります2。

手術療法: 変形性膝関節症が進行している場合は、手術が必要な場合があります。代表的な手術方法は以下の通りです。

関節鏡視下手術

高位脛骨骨切り術(こういけいこつこつきりじゅつ)

人工膝関節置換術

Q

膝の痛みはどんな疾患があるんですか?

A

膝の痛みは、多くの疾患によって引き起こされる可能性があります。以下に、いくつかの代表的な疾患を挙げてみます。

変形性膝関節症:加齢や肥満、スポーツによる負担などによって、膝関節の軟骨が摩耗し、痛みや腫れを引き起こします。

膝蓋骨脱臼:膝蓋骨が正常な位置からずれてしまうことで、痛みや腫れを引き起こします。

半月板損傷:膝関節の軟骨である半月板が損傷することで、痛みや腫れを引き起こします。

靭帯損傷:膝関節を支える靭帯が損傷することで、痛みや腫れを引き起こします。

腱炎:膝関節を動かす腱が炎症を起こすことで、痛みや腫れを引き起こします。

滑液包炎:膝関節を保護する滑液包が炎症を起こすことで、痛みや腫れを引き起こします。

膝の痛みは、これらの疾患以外にも、関節リウマチや痛風、感染症などによって引き起こされる可能性があります。膝の痛みがひどい場合は、早めに医療機関を受診して、原因を特定し、適切な治療を受けることが大切です。

Q

めまい・メニエール病は鍼灸でどんな効果が期待できますか?

A

松戸市でめまい・メニエール病でお困りの方へ

めまいは、内耳の異常によって起こる症状です。めまいの種類はさまざまですが、代表的なものに「回転性めまい」があります。回転性めまいは、自分が回転しているような感覚を伴うめまいです。めまいは、メニエール病や突発性難聴などの病気の症状として現れることもあります。

メニエール病は、内耳の蝸牛(かたつむり)や前庭(ぜんてい)に異常が起こる病気です。めまい、難聴、耳鳴りが主な症状です。メニエール病は、原因不明の病気ですが、ストレスや疲労が誘発因子となると考えられています。

めまいやメニエール病でお困りの方は、早めに医療機関を受診してください。医師の診断を受けて、適切な治療を受けることが大切です。

鍼灸は、めまいやメニエール病の治療に効果的であると言われています。鍼灸は、内耳の血流を改善し、神経の機能を回復させる効果があります。また、鍼灸は、ストレスや疲労を解消する効果もあります。

 

Q

鍼灸の施術の効果を教えて下さい。

A

鍼灸の施術には以下のような効果が期待されています:

痛みの緩和: 鍼灸は痛みを軽減する効果があります。痛みの原因や症状に応じて適切な鍼の刺激を与えることで、痛みを和らげることができます。

筋肉の緊張緩和: 鍼灸は筋肉の緊張を緩和する効果があります。筋肉のこわばりやコリを緩め、血流やリンパの流れを促進することで筋肉の緊張をほぐします。

自律神経の調整: 鍼灸は自律神経のバランスを整える効果があります。交感神経と副交感神経の働きを調整し、身体のリラックス状態や回復力を促進します。

内臓機能の改善: 鍼灸は内臓の働きを調整する効果があります。特定の鍼の刺激ポイントを刺激することで、内臓の機能を活性化させたり、調整したりすることができます。

ストレスの軽減: 鍼灸はリラクゼーション効果があり、ストレスや不安の軽減に役立ちます。鍼灸の施術中にリラックスし、心地よい状態になることでストレスを軽減することができます。

なお、効果の実感や効果の現れ方は個人によって異なる場合があります。鍼灸の施術を受ける際は、信頼できる鍼灸師に相談し、適切な施術を受けることが重要です。

Q

神経痛の原因を教えて下さい。

A

神経痛の原因は多岐にわたりますが、一般的な原因として以下のようなものが挙げられます。

 

 

①神経の圧迫・損傷:神経が圧迫されたり、損傷を受けたりすることによって神経痛が起こる場合があります。例えば、椎間板ヘルニアや脊椎の変形、関節の異常な動き、筋肉の過緊張などが神経への圧迫を引き起こす可能性があります。

 

 

②炎症・疾患:炎症や疾患が神経痛の原因となることもあります。例えば、神経の周囲に炎症が起こることで神経が刺激され、痛みを引き起こすことがあります。また、糖尿病や帯状疱疹などの疾患も神経痛を引き起こす原因となることがあります。

 

 

⓷神経の異常な活動:神経が正常に働かず、異常な活動をすることによって神経痛が起こる場合もあります。神経の過剰な興奮や過敏性が神経痛の原因となることがあります。

 

 

④外傷や手術の後遺症:外傷や手術によって神経にダメージが生じ、神経痛が起こることがあります。例えば、骨折や手術による神経の切断や損傷が原因となることがあります。

 

 

 

 

⑤神経の障害や病気:特定の神経の障害や病気が神経痛を引き起こすことがあります。例えば、坐骨神経痛や三叉神経痛など、特定の神経に関連した病態が神経痛を引き起こすことがあります。

 

 

以上は一般的な神経痛の原因の一部です。神経痛の原因は個人や状況によって異なるため、詳しい診断が必要です。神経痛の症状がある場合は、適切な医療機関で専門家に相談し、正確な診断と適切な治療を受けることをおすすめします。

Q

不眠症で鍼灸は効果的な施術でしょうか

A

不眠症に対して鍼灸が効果的な施術法として利用されることがあります。鍼灸は、体内のエネルギーの流れを調整し、身体と心のバランスを整えるとされています。不眠症は、身体の不調やストレス、心の不安などが原因となって起こることが多く、鍼灸はこれらの要素に働きかけることで睡眠の質を改善する効果が期待されます。

 

具体的には、鍼灸によって筋肉の緊張を緩和し、リラックス状態を促すことができます。また、鍼灸の施術によって自律神経のバランスを整えることもあり、不眠症の改善に寄与することがあります。

 

ただし、不眠症の原因や症状は個人によって異なるため、鍼灸の効果も人によって異なる場合があります。重度の不眠症の場合や他の病状がある場合は、医師や専門家との相談をおすすめします。彼らはあなたの状態を評価し、最適な治療法やアプローチを提案することができます。

Q

不眠症はどんな症状ですか?

A

不眠症は、以下のような症状を特徴とする睡眠障害の一つです。

入眠困難: 寝床に入ってからなかなか眠りに入れない状態です。

中途覚醒: 眠っている途中で何度も目が覚めることがあり、再び眠りに入りにくい状態です。

早朝覚醒: 早朝に目が覚めてしまい、その後は再び眠りに入れない状態です。

睡眠の質の低下: 眠っている間も十分な休息を感じられず、熟睡感や爽快感が得られない状態です。

眠気や疲労感: 眠りが浅く、不十分な睡眠を経験するため、昼間に眠気や疲労感が現れることがあります。

不眠症の症状は個人によって異なる場合があります。また、長期間にわたって続く場合や日常生活に支障をきたす場合は、医師や専門家に相談することが重要です。

Q

A

交通事故による頭痛やむち打ちの症状について説明いたします。

【頭痛】 交通事故による衝撃や急激な動きによって、頭部にダメージや筋肉の緊張が生じることがあります。その結果、頭痛が発生することがあります。頭痛は痛みの範囲や程度によって異なり、鈍痛や激しいピリピリした痛みなどが生じる場合もあります。

 

 

【むち打ち症】 むち打ち症とは、首や首から背中にかけての筋肉や靭帯にダメージが生じる状態です。交通事故による急激な衝撃や首の無理な動きによって、頚椎の周囲の組織が損傷を受けることがあります。むち打ち症の主な症状としては、首の痛み・こり、肩の痛み・こり、頭痛、めまい、吐き気などが挙げられます。

 

 

交通事故による頭痛やむち打ち症は、症状の出方や程度によって個人差があります。早期の治療が重要であり、放置すると症状が悪化する可能性があります。当院では経験豊富なスタッフが、的確な診断と適切な治療プランを立案し、あなたの症状に合わせた治療を行います。

 

 

痛みの軽減、炎症の抑制、筋肉の緊張緩和など、鍼灸整体などの施術を通じて、早期の回復を促します。また、リハビリテーションやストレッチなどの運動療法も取り入れ、筋力や柔軟性の回復を支援します。

 

 

交通事故による頭痛やむち打ち症でお悩みの方は、早めの治療をおすすめします。私たちの接骨院では、経験豊富なスタッフが的確な診断と効果的な治療を提供し、あなたの回復を全力でサポートいたします。ご予約やお問い合わせはお気軽にどうぞ。

Q

睡眠時間と自律神経の関係について教えて下さい。

A

睡眠と自律神経は密接に関連しています。以下に睡眠と自律神経の関係について説明します。

自律神経と睡眠: 自律神経は交感神経と副交感神経から成り立っており、それぞれが対照的な役割を果たしています。交感神経は「戦う・逃げる」反応を促し、副交感神経は「休息・リラックス」状態を促します。睡眠中は副交感神経が優位に働き、体をリラックスさせるため、良質な睡眠を得ることで自律神経のバランスが整いやすくなります。

睡眠の質と自律神経のバランス: 睡眠の質が良好であると、副交感神経が活性化し、リラックス状態が促進されます。一方、睡眠の質が低下すると、交感神経が優位に働き、身体が緊張状態になります。長期間にわたって睡眠の質が低下すると、自律神経のバランスが乱れ、ストレスや不調の原因となる可能性があります。

睡眠不足と自律神経の乱れ: 睡眠不足は交感神経の活性化を引き起こし、副交感神経の働きを抑制します。その結果、心身の緊張が続き、ストレス反応が増加します。また、睡眠不足はホルモンバランスの乱れや免疫機能の低下など、さまざまな生理的な変化をもたらす可能性があります。

良質な睡眠を得るためには、以下のポイント大切になります。

睡眠環境の整備: 静かで快適な寝室環境を整え、適切な温度や照明を設定。

睡眠のルーティン: 定期的な睡眠スケジュールを作り、毎日同じ時間に寝るように心がけて下さい。

快適な睡眠姿勢: 適切な枕やマットレスを使用し、体の負担を軽減します。

リラックスの促進: 寝る前にリラックスする時間を設け、ストレスを軽減する活動や瞑想などを行います。

睡眠を妨げる要因の排除: 刺激的な食事や飲み物、携帯電話や電子機器の使用を寝る前に避けます。

自律神経のバランスを整えるためには、良質な睡眠を確保することが重要です。継続的な睡眠の改善は、身体の調子や心の健康にプラスの影響を与えることが期待されます。

RELATED

関連記事