News

『健康情報』
低気圧による頭痛・後頭部痛

 

 雨が降りそうになると低気圧の関係で頭痛・後頭部痛がする。

 梅雨時になると決まって古傷が痛む。

 季節の変わり目には体がだるくなり、めまいが出る。

 このように、気象や天気が変化すると発症したり

症状が悪化したりする病気は「気象病」と呼びます。

「こんな症状はありませんか?」

・頭痛、耳鳴り。後頭部の痛み

・急激な肩の痛み、全身倦怠感

・腰、膝などの関節の痛み、古傷の痛み

  原因

 天候の変化により低気圧に変化します。急激に低気圧になることで

身体(脳)がストレスを感じて自律神経(交感神経、副交感神経)が乱れて体調の変化がおこります。

交感神経が活発になれば痛みを感じ、副交感神経が活発になればだるくなったり眠くなったりするのです。

 

  治療方法

鍼灸、整体で身体のバランスを調整し自立神経系の調整

・肋骨、背部など神経系の司る部位にアプロ―チ

・お灸で神経系調整

 

 

Access

最寄り駅から歩いて約2分の好立地でお客様のご来院をお待ちしています

概要

医院名 まほろば接骨鍼灸院
住所 千葉県松戸市上本郷2228高木ビル103
電話番号 047-710-6845
診療時間 午前 9:00 ~ 12:30、
午後 15:00 ~ 20:00、
土曜診療 9:00 ~ 14:00
定休日 日曜・祝日
最寄り 北松戸駅2分

アクセス

痛みやしびれといった症状の根本改善を目指すためには、継続して施術を受けていただくことが非常に大切です。そのため通いやすい好立地に院をオープンし、いつでも明るい雰囲気でお客様をお出迎えしています。
Contact

お問い合わせ

RELATED

関連記事